各種ベンチ

ここでは、「各種ベンチ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇基本構成◇
ケース:sonataⅢ
電源:AMACROX FreeEarth AX650-GLN
M/B:GA-N650SLI-DS4L
CPU:E6600@3.24Ghz
CPUCooler:OROCHI
メモリ:NoBrand DDR2-800
HDD:ST3250620AS 250GB
VGA:8800GT-E512HD/CM

◆オーバークロック◆
CPU:2.4GHz→3.24GHz
GPU:コアクロック600MHz→624MHz メモリクロック900MHz→1121Mhz シェダークロック1500Mhz→1616MHz


【MHFベンチ】

mhfb.jpg

結果:8850付近



【スーパーπ】

spai.jpg

結果:16秒


【感想等】
うーん。完全にオーバースペックw
MHFベンチみたいなクオリティを要求されるゲームしませんからw

しかし、このGPUのオーバークロックの設定はNvidia純正ツールで最適化数値で運用してみたんですが、どうも不安定で、たまにフリーズします。

GPU定格でCPUのオーバークロックは慎重に行いましたのでおそらくGPUなんですよね。

自分のグラボではコアクロック、メモリクロック、シェダークロックを自由に設定できるのですが、Nvidiaにまかせると少々無理しちゃうみたいですw見栄っ張りなんですね、わかります(*_*)

そこで、GPUの設定を変えます。

【Nvidiaおまかせクロックアップ】
コアクロック600MHz→624MHz
メモリクロック900MHz→1121Mhz
シェダークロック1500Mhz→1616MHz
↓↓↓↓↓↓
【まぁこんなもんだろクロックアップ】
コアクロック600MHz→620MHz
メモリクロック900MHz→1000Mhz
シェダークロック1500Mhz→1600MHz

1.GPUはネットバーストみたいなもんだろうから10%以内のクロックアップは許容範囲だろう。
2.メモリはオーバークロック耐性が低いのでそもそも900→1121ってやり過ぎだろう。

と感覚的にキリの良い数字まで下げました。こんな感じにしてやります。
安定ですね(>_<)

メモリのクロックは大幅に下がりますが、DDR3で十分早いし、まぁいいかって感じです。



追記
やっぱりどうも不安定なので初期値に戻しました。コア2のオーバークロックマージンのすごさを実感しました。一般的なコアはオーバークロックできないもんだと思うのが無難ですねw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://donateyou.blog36.fc2.com/tb.php/3-27dcdef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。